不器用でも安心できるBBクリーム

不器用でも安心できるBBクリーム

私は恥ずかしながら化粧があまり得意ではなく、昔からとにかく手先が不器用です。

 

化粧下地が馴染んでないのにファンデーションを塗ってしまって厚塗りになったり、ファンデーションがよれてムラになったりすることも時々ありました。

 

しかし、BBクリームがあれば急いでいる朝や短時間で化粧せざるをしない時でも、ただクリームを鏡を見ながら手でベタベタと内から外に向けて広げて伸ばしていくだけで、あっという間に迅速にメイクが完了します。

 

クリームなので粉と違ってスポンジを使って肌に均一的に上手く伸ばしたり、ブラシなど道具を用意しなくて良いという点もずぼらな私には最適です。

 

会社ではメイクも必須ですが、BBクリームは非常にカバー力も優れてますし、肌色を均一的にしっかりと綺麗に見せてくれるので、オフィスでも問題なく使えます。

 

最近はよくCCクリームが流行っているのですが、BBクリームに比べると非常にソフトで軽やかな仕上がりなので、会社に行くならやはりBBクリームが安心だと実感してます。

 

BBクリームは保湿性が優れており、長時間つけていても肌が乾燥しにくいです。

 

BBクリームではなくてパウダーファンデーションを使っていた頃は、オフィスのきつい冷暖房によって結構肌がかさついたり、乾燥のせいで目元にちりめんジワがよく目立っていました。

 

しかし、BBクリームにしてからは以前より肌が乾燥することも減って、オフィスの強い空調に負けない、潤いある肌を他も得るようになりました。

BBクリームのデメリットを含めて商品を理解すること

 

簡単にお化粧ができてしまうBBクリームですが、注意したいこともあります。

 

それはBBクリームはこれ1つでいろいろなことができてしまうために便利なのですが、その分敏感肌の人にはちょっと強いと感じるかもしれません。

 

肌に優しいものが多いとはいえ、やはり反応してしまうことがあり得ます。

 

またBBクリームというのはいろいろな役をしてくれるのは確かなのですが、それ専門のものとして作られているわけではないので、全体的にいまひとつの仕上がりになってしまうと感じる女性もいます。

 

確かにメイクが崩れやすいというのはちょっと欠点としてあるかもしれません。

 

そして保湿力が満足できるものではなく、肌が乾燥してきやすいということもあるかもしれません。

 

それでBBクリームというのはとてもよくできた商品なのですが、時間をかけない分、効果としては特別にいいわけではないことがあるということです。

 

また自分の肌に合わないと感じる女性もいることでしょう。

 

それでよく調べることや、自分に合うのかどうかということを見極めるようにしていきたいものです。

 

そのようにしながら、ベストなBBクリームを見つけることができれば、それはその女性にとって力強いお化粧ツールとなることでしょう。