知らずに使って肌トラブル...BBクリームの消費期限は守ろう

BBクリームにSPFが入っているものは崩れ易い

Dr.Jartは、べたつきもなく、ただ塗っただけで、大丈夫ですよ。

 

私は、化粧水の後、一応UVの下地をつけてから塗ってます。

 

紫外線はしわ、シミの原因ですから、やはりケアしたほうがよいかと…。

 

最初に同世代の友人から頼まれたとき、いろいろ調べて、Skin79,ハンスキンのキャビアなどを、買っていったのですが、今回また頼まれたのは、みなDr.jartでした。

 

お化粧をほとんどしない友人も、やはり、歳のことを考えて、つけるようにしてるみたいです。

 

この年だと、紫外線に当たるのもよくありませんからね。

 

ハンスキンも、年配の人にもよいと聞いてますが、私は使ったことがないので。

 

Dr.Jartは結構高評価だったと思います。

 

マスコミなどに出てるのって、割と若い人向けで、なかなか50歳過ぎの人向けって、わかりませんよね。

 

やはり、ちょっと値段が高いもので、アンチエイジング、しわケア、UVケアが入ってるのがいいのかなあなどと思ってます。

 

今の所、シミが増えたりした事はないのですが、BBクリームにSPFが入っているものは崩れ易いので、私も外出が多い時はBBの前に別の日焼け止めを塗っています。

 

あとは化粧直しの時に再度日焼け止め効果のあるファンデを重ねたりしてますね〜。

 

BBクリームでメイク時間短縮

 

私にとって、忙しい朝にいつも手放せないアイテムといえば、BBクリームです。

 

肌を綺麗に見せるにあたっては、化粧水を塗った後に丁寧に保湿として乳液を活用したり、さらにその後紫外線ケアをするために日焼け止めや日焼け止め効果がある化粧下地をつけたりする必要があります。

 

コントロールカラーを塗ったり化粧下地を塗ったりした後、ようやく肌にファンデーションを乗せることが出来るのですが、洗顔後の肌に直接ファンデーションを塗布出来るわけではないので結構大変です。

 

しかし、BBクリームなら軽く化粧水を塗った後、すぐ肌に乗せるだけで迅速にメイクが完了するので、とても助けられてます。

 

BBクリームはとても多機能で、保湿効果のみならず日焼け止め効果も兼ね揃えていたり、クリーム状なので手でもそのまま塗れるという点もありがたいです。

 

スポンジやブラシなどを使わないと、決して塗れないパウダーファンデーションとは違い、容器からクリームを出すだけですぐメイクに移れるという点も大好きです。

 

旅行をするときやスポーツジムへ行く時など、極力荷物を減らしたい時にも毎回BBクリームを役立てています。

 

BBクリームは色々なタイプのものがありますが、私はやや色が白い方なのでライトベージュの明るいカラーのものを好んで使うことが多いです。

 

肌色に合わせて選ぶと、とてもナチュラルです。

 

ミツバチの恵みから生まれたBBクリーム

 

ビーハニーのビービービークリームは、ハチミツ・ローヤルゼリー・加水分解ハチミツタンパクのミツバチの恵みがたっぷり詰まったBBクリームです。

 

美容液・クリーム・化粧下地・日焼け止め・ファンデーションの働きで、素肌より素肌っぽい理想の肌質へ導きます。

 

ビービービークリームの特長は6つあります。

 

1つめはカバー力で自然なソフトフォーカス効果があるマイルドファギーパウダー、肌にやさしくフィットするソフトフィットパウダーをバランスよく配合しているので、キメ細やかでなめらかな肌に仕上げます。

 

2つめはスーッと伸びるテクスチャーです。

 

スルスル肌に吸着するので、少量使いでOKです。

 

3つめはテカリ防止で、ラスティングポリマー配合なので汗による化粧崩れを防ぎ、自然な印象を与えながら化粧を長持ちさせます。

 

4つめはくすみにサヨナラです。

 

夕方になると目立ってくる嫌なくすみをカバーし、透明感のある肌をキープさせます。

 

5つめは日本人女性の肌の色に合わせ、自然な色味を実現した事です。

 

厚塗り感がないので、顔の印象がよくなります。

 

6つめは軽い使用感で、重ね塗りしても肌が重たくなりません。

 

そしてミツバチの美容成分の他にもキウイ・アセロラエキス・オレンジ果汁・トマトエキス・ニンジン根エキスのフレッシュな保湿成分が配合されているので、メイクしながら肌をキレイにしていくので、今、BBクリームを買おうと思っている方は選んでみると良いと思います。